トップイメージ
クルマを買い取ってもらう際や、それから愛車の売却時も印鑑証明という書類が必要になります。この印鑑証明という書類について解説しましょう。印鑑証明というのはある印鑑が実印として効力を持つことを保証するためのものです。この印鑑証明がない場合には、その印鑑に関して実印として認められているという事実が保証できません。大きなお金が動く売買になる中古車の売買ですので、必然的に実印が必要になることになりますが、その時に印鑑証明という書類が必要となるのです。この印鑑証明を発行するためにはまず印鑑証明の手続きをする必要があります。印鑑証明書に登録するはんこは通称、実印と呼ばれこの世に一つだけのはんこである必要があります。実印を持って、市町村役場の案内係に行けば印鑑登録の手続きができます。手続きが済むと印鑑登録カードというものが発行されその印は実印になったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには、役場の窓口へ出向き、専用の書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを提示する必要があります。それから、自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはありません。そのためどれだけ前の印鑑証明であろうが証明書としての効力はあることになります。ですが車売却時には必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類とされています。ほとんどの場合有効期限などはありませんが車買取の際には、店側が必須となる有効期限を教えてくれるのでもしも中古車の買い取りの予定がある場合は売却前に持っておくとよいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.english1.biz All Rights Reserved.