トップイメージ

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び、略して自賠責保険と言うものです。

保険は属に強制保険と言われマイカーを車検に通すときには定められた期間内に有効な自賠責保険に加入している必要があります。

つまり全てのクルマに加入が義務づけられている保険ということです。

ではクルマに自賠責保険がついたまま売った場合はどうか考えてみましょう。

自動車損害賠償責任保険は車検のときに更新されるケースが多くありますが仮に自賠責保険に入っている自動車を売った時は払った金額が返還されることはほとんどないでしょう。

なぜならば自賠責保険をいったん抹消して、次のオーナーに移すのはなかなか面倒くさいのです。

そのため強制保険は、名義変更をして自動車とともに譲るということが通常です。

しかしながらそれと同等の価格を買取金額に上乗せしてくれるものです。

自賠責保険という保険は自動車税と違い、支払った金額を月単位で割り算した金額が返還されるわけではなく、買取額に上乗せといった方法がとられるケースが普通ではありますがこのことが見積に載るケースはほとんどありません。

そのため、引き取り時には強制保険を考慮した額が買取金額に含まれているかを確認する必要があります。

支払った保険料がどのくらいの額かを知っておけば見逃すことはないはずです。

自賠責保険にかかる額は加入していた期間により異なるものですから確認が必要です。

クルマの処分時には保険の名義を変更することを忘れずに。

名義書き換えをしないままにしていたら保険の提供元から自賠責の満期の知らせが届いてしまいます。

売却を検討中の自動車がほんの少しでも高く手放せることを応援させて頂きますね。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.english1.biz All Rights Reserved.